白川由紀   冒険家 フォトエッセイスト

プロフィール

学生時代留学していたネパールで、ドイツから陸路10カ国の国境を越えて車でやってきた人々に出会い、アジア・ヨーロッパ間を貫く大陸街道に“国際路線バス”を走らせることを企画立案。
1994年に『ユーラシア大陸横断バス』を実現。
    以来、取材をしながら同ルートを3回横断。
1998年 トルコから南アフリカまで14カ国を貫く『アフリカ大

    陸縦断トラック』を走らせ、取材活動の幅を広げなが

     ら同ルートを2回縦断。
2002年 赤道直下から南極までをつなぐ『南米大陸縦断バス』

    を実現。
    “それでも地球は素晴らしい”という言葉をモットーに、執筆活動、講演

    会、写真展など様々なメディアを通して世界の今、そして文化による常識

    の違いを伝えることがライフワーク。

2003年 世界中から収集してきた美術品や各国の生活民具に身近に触れられる場所

    を作りたいという夢のもと、三年かけて自分の手だけで古い民家の改築を

    重ね、2006年7月にカフェギャラリー「TOUMAI」をオープンさせた。
2003年 環境省主催環境フォトコンテスト優秀賞受賞。

 

ネパール語、英語、スペイン語を操るマルチリンガル。
現在、明星大学国際コミュニケーション学科実習指導員。

 

講演テーマ 「地球を歩いて見えたもの」
      「世界の常識 非常識」

 

主な著書  『もっと世界を、あたしは見たい』(ポプラ社)
      フォトエッセイ集『出逢いの瞬間』『大地の詩』『空のささやき』(共

      に東方出版)など。